■うんぴつ

(空間認識力☆☆)
・基本的な運筆の能力の向上をはかります。
・単純な線を引くという作業や、色ぬりなどから、
書き取りの基礎をつくります。
・円を描く作業にステップアップしていきます。
「あ」「お」「す」「て」「め」など、ひらがなには
カーブがふんだんに入っており、絵を描くことなどを
たくさんしてきたお子さんは文字を書くことにも
難なく入っていける傾向にあります。
・「どこにペンを動かすか」と考えることが空間認識力を養います。
昔から書道をやると字が上手くなると言われることが多いですが、
書道をやったからといって字が上手くなるというわけではなく、
「どこに筆を動かすか。筆が動いた跡がどうなるか」
を考えることで、空間認識力が養われた結果、
キレイな字が書けるようになるのです。
空間認識力が備わるとキレイな字が書けるようになる、
とも言うことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください