【幼児教育・中学受験】音楽/算数/リーディング/ライティング/AO入試/英語/空間認識力/絶対音感/プログラミング

高学年のMathクラス2020/03/09Mon

小学校5年生の算数「多角形」の解説の様子

こんにちは。
講師の高橋です。

よく言われることに、
「算数(数学)は暗記だ」
つまり公式を暗記すればよい点数がとれる
ということがあります。

それはある意味正しいのですが
たとえば小学生の算数だとか、中学受験とか
あまりに早い段階でその理論を実践してしまうと
算数(数学)を楽しいと思えることができなくなってしまい、
学年が上がるにつれて続けていくことが難しいです。

誰もが通る学生時代
つきまとう勉強
できれば楽しく、好きなこととして取り組みたいです。

好きになることができないものをやらなければならないのは苦痛です。

算数(数学)においては
公式を覚えることが苦痛のひとつです。

暗記が苦でなく、「算数(数学)は暗記だ」
と割り切れるならそれもひとつの手ですが、

大多数の人は暗記は苦痛なので
歴史など、ほかにも覚えることはたくさんありますし、

では暗記の負担を少しでも軽くするには

算数(数学)で覚えるべきは
公式ではなく定義です。

定義をしっかり理解して覚えておけば
公式を覚えていなくても、
試験の現場で考えれば解くことができます。

今日の授業、小学5年生の「多角形」ですが、
「外角の和は360度」という暗記事項(公式)は
「内角+外角=180度」という定義
(厳密には定義ではなく、定義からの自明ですが)
さえ理解しておけば、
試験の現場で苦も無く導き出せるのです。


Junior Academiaの空間認識力トレーニングについて
詳しくはこちらから↓

教材の無料おためしダウンロードはこちらから

最新の脳育『絶対音感トレーニング』はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©2019-2020 Junior Academia All Right Reserved.

〒106-0044 東京都港区東麻布2-12-8 Junior Academia 麻布校

【幼児教育・中学受験】【音楽 算数 リーディング ライティング 英語 プログラミング】【絶対音感×空間認識力】
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。