SPILO method通信|第2回『SPILOってなに?②【プログラミングスキルに必要な力:積み木cuboroを用いた習得法】 』

Junior Academiaが提唱する「次世代思考力養成プログラム」のひとつ

SPILO method/スピロ・メソッド

オリジナル幼児教育カリキュラムの開発背景とコンセプトを連載でご紹介します。

前回の記事【人気の習い事:台頭するプログラミング教室】

バックナンバー

【プログラミングスキルに必要な力:積み木cuboro™を用いた習得法】 

プログラミングには空間認識力・論理力などが必須とされていますが、

空間認識力などの力それ自体はPC・タブレットがなくてもきたえることができます。 

たとえばスイスで開発されたcuboro™という積み木は空間認識力などの力を効率よくきたえることができ、

日本においても藤井聡太将棋棋士が史上最年少で四段昇段を果たした際、

子どものころにcuboro™で遊んでいたことが知られ、

cuboro™が一躍人気の積み木となりました。

programing class
一般的なプログラミング教室の授業イメージ
cuboro training
空間認識力を育むcuboro™を用いての授業風景

SPILO methodなら英語×プログラミングスキル習得を求める保護者のニーズと、

デジタル機器に対する不安の払拭とを両立することができます。

次回【2021年度大学入学共通テスト開始:「思考力・判断力・表現力」重視の新しい学習方針】 についてご紹介します。

前回の記事【人気の習い事:台頭するプログラミング教室】

SPILO puzzle
SPILO puzzle クラスについて
202111JANL spilo banner