SPILO methodの新しいアクティビティ『Projection Cylinder』

「上から見て」や「横から見て」など、立体をある方向から見るということは子どもにとって難しいことです。

小学校高学年になると、「投影図」が導入されたり、立体図形の問題に取り組むようになったりしますが、「上から見た図」や平面に描かれた立体図形に苦労するお子さんの姿が見られます。

SPILO methodでは、円筒状のブロックを用い、課題の通りにブロックを積み上げたり、「上から見た図」「横から見た図」を描き写したりすることで、幼少時から無理なく「投影図」に親しみ、立体図形にアドバンテージをつけていきます。

202111JANL spilo banner