楽譜と数学

楽譜は非常に美しいもので、理系出身の私は学生時代に弾けもしないリストのパガニーニの譜面を購入だけして、弾けるようになりたいという意思とはまったく別に、ただただ譜面を眺めて、その美しさに身震いした、という経験があります。

言語の読み書きも、楽譜の読み書きも、数学の解法の読み書きも、一定のルールを理解して、書面になったものを読み取れるかどうか、あるいは書面の形に書き表せるかどうか、ということなので、その本質がわかっていれば恐れることはないはずなのですが、国語・英語・音楽・数学が、難しさとは別に、まったく別個のものとして扱われている場面を多く見かけます。つまり、算数や数学のために語学や音楽を犠牲にする、というようなことです。もっと具体的に言うと、受験勉強で苦手な算数を勉強する必要があり、時間が足りないので音楽の習い事をやめた、といったケースです。

これは非常にもったいないと思います。特に音楽は数学の力を支えてくれるものだからです。音楽と数学は記号の意味と使い方を理解する必要がある面で言語と少し異なる性格を持ちます。音楽において譜面の記号のルールを理解することが数学の解法の読み書きの礎となるのです。そんな数学と密接な関係にある音楽が、受験時期に一番やめてしまう習い事となっているのは非常にもったいないと思うのです。

私の出身の高校の偏差値をインターネットで検索してみると76と高いようなのですが(私は落ちこぼれの部類でしたが)、音楽の分野で並々ならぬ才能を見せている人が、何人も、何十人もいました。こんな私でも中学時代はピアノに関しては控えめに言って校内で1,2番でしたが、高校に進むとそれ以上に上手な人がゴロゴロいて驚きました。そしてゴロゴロいたピアノの上手な人たちのうち、かなりの人数が大学では理工学部に進み、そして優秀な成績を修めていました。また理工学部に行ったら行ったでまた、国内外で活躍する有名な教授が「ピアニストの道に進もうか、研究の道に進もうか、進路に悩んだ」という逸話を持っていたりもしました。数学(理系科目)と音楽が密接にかかわっていると私がいつも言うのはこうした実体験があるからです。

私も受験時期にピアノの習い事をやめましたが、やめなければ落ちこぼれることはなかったんじゃないかと本気で思うことがあります。感情論であり根性論でもありますが、信念として、勉強をがんばりたいなら勉強以外のことも1つでいいからしっかりがんばった方が、勉強だけをがんばるよりも良い結果が得られると思っています。そして、勉強以外の何かとして、音楽はとてもオススメしたい一品です。それは必ずお子さんの財産になります。